フレッツ光のマンションタイプって料金が違うの?光コラボの方がお得!?

フレッツ光のマンションタイプって料金違うの?光コラボの方がお得!? フレッツ光

フレッツ光のマンションタイプって料金違うの?
光コラボとどっちがお得なのかしら?

フレッツ光マンションタイプで申し込もうとして、NTTに電話したら光回線方式やらVDSL方式やら言われたことありませんか?

結論

フレッツ光のマンションタイプは回線方式やプランによって料金が違います!

実は、フレッツ光は契約者が個人だとキャンペーンがほとんどありません。

個人でインターネットに申し込むなら、ソフトバンク光やビッグローブ光などの光コラボに申し込んだほうが料金が安かったりキャンペーンがあったりするのでお得です!

フレッツ光に申し込むなら代理店ラプターがおすすめです。
また、ソフトバンク光やビッグローブ光などの光コラボの相談もできます。

あなたが、「フレッツ光と光コラボどっちが安くなるの?」と思ったらラプターで相談してみるといいでしょう。

それでは、フレッツ光のマンションタイプの違いや料金、光コラボについてわかりやすく説明していきます。

フレッツ光マンションタイプは東日本と西日本で料金が違う

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本で別れていて、マンションタイプはもちろんのこと東日本と西日本で料金が違います。

フレッツ光の料金を説明する前にマンションタイプの種類やプランについて紹介します。

フレッツ光東日本・西日本の提供エリア

出典:NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域について

フレッツ光NTT東日本提供エリア北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県
フレッツ光NTT西日本提供エリア富山県・石川県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

こうしてみるとフレッツ光は西日本の提供エリアが圧倒的に多いです。

あまり知られていないですが、フレッツ光の境目と気象予報の境目とは違います。

特に、静岡あたりは東日本だと思っている方も多いですが、フレッツ光では西日本にあてはまります。

フレッツ光マンションタイプの種類やプランの違い

フレッツ光のマンションタイプには回線方式やプランの違いがあります。

フレッツ光のマンションタイプは回線方式が全部で3種類あります!

1.光配線方式

光回線方式は光回線を各部屋まで引き込むマンションタイプで速度の最大値が1Gbps。

2.VDSL方式

VDSL方式は光回線が共用部まできていて、そこから電話のメタル線で各部屋で利用するマンションタイプで速度の最大値が100Mbps。

3.LAN方式

LAN方式は光回線が共用部まできていて、そこから各部屋までLANケーブルを引き込むマンションタイプで速度の最大値が100Mbps。

マンションタイプは回線方式により、速度の最大値も違ってきます。

フレッツ光に申し込む前にチェックしておきましょう。

続いてはマンションタイプのプランが全部で3種類あります。

フレッツ光のプランは、NTTがフレッツ光をそれぞれのマンションやアパートで、契約できる見込みの件数で決定します。

1.プラン2

東日本16契約以上/西日本16契約以上

2.プラン1

東日本8契約以上/西日本8契約以上

3.プランミニ

東日本4契約以上/西日本6契約以上

マンションタイプのプランはプラン2、プラン1、プランミニで別れていて、建物の戸数によって違います。

例えば戸数が6しかない物件なら、8契約以上見込めないのでプラン1やプラン2は入ってないわけです。

逆に高層マンションとかなら、戸数が多いのでプラン2が入っている可能性が高くなります。

フレッツ光の場合は、プランでも料金が変わってくるので確認しておきましょう。

フレッツ光マンションタイプの東日本料金

フレッツ光のマンションタイプは、回線方式とプランで料金がそれぞれ違うので、回線方式に対してどのプランでいくらか説明していきます。

フレッツ光:光配線方式
プラン23,050円
(にねん割+ギガ推し!割引適用時)+プロバイダ料金
プラン13,450円
(にねん割+ギガ推し!割引適用時)+プロバイダ料金
プランミニ4,050円
(にねん割+ギガ推し!割引適用時)+プロバイダ料金

ギガ推し!割引は最初の30ヵ月間で終了するので、31ヵ月以降はさらに200円高くなります。

フレッツ光:VDSL方式
プラン22,750円
(にねん割適用時)+プロバイダ料金
プラン13,150円
(にねん割適用時)+プロバイダ料金
プランミニ3,750円
(にねん割適用時)+プロバイダ料金
フレッツ光:LAN方式
プラン22,400円
(にねん割適用時)+プロバイダ料金
プラン12,800円
(にねん割適用時)+プロバイダ料金
プランミニ3,400円
(にねん割適用時)+プロバイダ料金

マンションタイプのにねん割は2年自動更新契約の割引で、更新月以外の解約は1,500円違約金がかかります。

フレッツ光マンションタイプの西日本料金

フレッツ光西日本のマンションタイプは、光配線方式の事をスーパーハイスピード隼と呼びます。

ドラゴンボールのスーパーサイヤ人みたいでなんだか凄そうですねー。

フレッツ光:スーパーハイスピード隼とVDSL方式
料金2年目まで3年目以降
プラン22,850円2,680円
プラン13,250円3,080円
プランミニ3,950円3,720円
フレッツ光:LAN方式
料金2年目まで3年目以降
プラン22,250円2,080円
プラン12,650円2,480円
プランミニ3,350円3,120円

上記のフレッツ光マンションタイプ西日本の料金表は、光はじめ割適用時+プロバイダ料金を含めた金額です。

また、フレッツ光の光はじめ割は3年目以降からさらに安くなります。

フレッツ光西日本:マンションタイプの光はじめ割は2年自動延伸契約の割引で、契約満了月とその翌月以外に解約をすると7,000円違約金がかかります。

光コラボとは

光コラボとはフレッツ光回線をプロバイダが借りてサービスを提供することです。また、光回線とプロバイダが一体型になります。

正式名称は「光コラボレーションモデル」といいます。

ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光なども光コラボです。

それでは光コラボのデメリットやメリットを説明していきます。

光コラボのデメリット

  • フレッツ光より開通が遅い場合がある
  • プロバイダが固定されるので変更がしづらい
  • マイナーな光コラボにするとカスタマーと連絡がとりづらい

プロバイダからNTTに連絡がいく関係上、開通がフレッツ光に直接申し込むより遅くなる場合があります。

プロバイダが固定されるとはいえ、今は事業者変更といって現在の光コラボから別の光コラボへ変更出来ますので安心してください。

訪問販売や電話がかかってきて、よくわからない光コラボ業者と契約してしまうと、全然連絡がとれなくなることがあると聞いたので気をつけて下さい!

光コラボのメリット

  • マンションタイプの回線方式やプランは関係なく料金が統一されていてわかりやすい
  • プロバイダ(光コラボ事業者)が回線もまとめて料金を決めてるので安い
  • フレッツ光と違いプロバイダを別契約しなくて良いので楽
  • 光コラボは個人向けでキャッシュバックやキャンペーンが豊富
  • 携帯とのセット割も受けられる

光コラボは料金も安く、キャンペーンも豊富です。

しかも、ドコモ光ならスマホセット割、ソフトバンクならおうち割光セット、auひかりならauスマートバリューと、それぞれスマホとの割引もあってサービスが充実してます!

またマンションタイプの料金も統一されてるので、回線方式やプランを気にする必要がありません!

まとめ

フレッツ光マンションタイプの違いや料金、光コラボについて説明しました。

フレッツ光マンションタイプの違いや料金、光コラボ のまとめ
  • フレッツ光のマンションタイプは回線方式やプランに違いがある
  • 光コラボの方が料金が安かったり、キャンペーンがあるからお得
  • 光コラボはマンションタイプの料金も統一されているからわかりやすい

フレッツ光のマンションタイプに申し込む際はこの点に注意しましょう。

冒頭でお伝えしたように、 フレッツ光や光コラボをどこで選んだら良いかわからない場合は、まず代理店ラプターがおすすめ!

ラプターはフレッツ光だけでなく、光コラボもいろいろ取り扱っているから、あなたに合った光コラボを紹介してくれます。

また、ラプターでフレッツ光に申し込むなら法人や個人事業主がおすすめです。

なぜなら、フレッツ光代理店ラプターは法人や個人事業主もキャッシュバックキャンペーンがあるからです。

フレッツ光代理店ラプターをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました