インターネットの月額料金を簡単に安くする方法

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. 毎月の料金を簡単に安くする方法

毎月の料金を簡単に安くする方法

毎月の料金を安くするには

「インターネットの料金を可能な限り安くしたい」・「現状だと毎月のインターネット料金を6,000円も支払っているから何とか安くならないかなぁ。」そんな悩みを解決する方法をご紹介します。まずインターネット料金には大きくわけて2種類あります。

  • 光回線の料金
  • プロバイダの料金

上記の2種類になります。要するにこの2つを安くする、もしくはどちらかを安くできれば月額料金は安くなるわけですね。

ただ光回線を安くするのは意外に難しいことなんです。何故なら光回線はお住いの状況によって適用できるプランが変わってくるので自由に決めることができないからです。そうするとプロバイダの料金はどうでしょう。

そうなんです!プロバイダの料金こそが月額料金を安くするポイントなんです!!

プロバイダは、光回線と違ってどれでも自由に選択が可能です。サービスが充実したものや、月額料金が安いものまで貴方にあったプロバイダを選べるわけですね。つまり、安いプロバイダを選べばそれだけ安くなるというわけです。

では、例をあげて実際に以下を比較してみましょう。

※金額については全て税抜での表示ですのでご注意ください。

①【フレッツ光西日本】
戸建てタイプ:プラン1の場合、回線利用料2,930円+プロバイダ利用料500円=3,430円

1ヵ月目3,430円
2ヵ月目6,860円
3ヵ月目10,290円
4ヵ月目13,720円

②【フレッツ光西日本】
戸建てタイプ:プラン1の場合、回線利用料2,930円+プロバイダ利用料1,200円=5,130円

1ヵ月目5,130円
2ヵ月目10,260円
3ヵ月目15,390円
4ヵ月目20,520円

結果は一目瞭然プロバイダが安い方がお得になることがわかります。

ここで気をつけなければならないことがあります。前述でプロバイダを自由に選択できると述べましたが、欲しい特典によってはプロバイダの指定がある代理店が存在します。そして、プロバイダの指定がある特典ほど豪華な物が多いです。

そうなるとこう考える方がいらっしゃると思います。「プロバイダを指定してでも豪華特典が欲しい!でも月額料金だって安くしたい!」こんな考えをもった方はなんて欲張りなんでしょう。実は、私こそそんな欲張りな人間です。年中得する事ばかり考えてます。そこでいい方法があるのではないかと考えました。

……ありました!いい方法が!

その方法は、2年使った後にプロバイダを乗り換えるという方法です。インターネットの契約では、ほとんどの光回線やプロバイダは2年縛りというのが当たり前です。そこで2年契約した後の契約満了月に解約してプロバイダを安いものに乗り換えてしまいましょう。契約満了月なら解約金はかかりません。

さて、今度はこう考える方がいらっしゃるのではないでしょうか?「プロバイダを乗り換えるなら、光回線も乗り換えてしまえば新たにキャンペーン特典が貰えて得になるのでは?」と。そう考えた方はかなり鋭いですね。実は、私もそう考えてました。

そこで光回線も乗り換えた方がいいか調べてみました。結果からいうとあまりおすすめはしません。何故なら回線利用料というのは長く使えば使うだけ安くなるケースが多いからです。それに、また工事をしなければならないなどいろいろと面倒なことが多いこともおすすめしない理由です。

いかがでしょうか?プロバイダを何にするかによって月々の料金が変わってくるのは大きなポイントです。下にある赤いボタン「インターネット契約で損をしない代理店ランキング」のページではプロバイダの料金を記載して選りすぐりの代理店をご紹介しています。これからインターネット契約をされる方はご参考ください。

ページ
トップへ