これで安心!一人暮らしのインターネットの注意点3つ

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. これで安心!一人暮らしのインターネットの注意点3つ

これで安心!一人暮らしのインターネットの注意点3つ

インターネットの注意点

これから初めて一人暮らしをされる方、そうでない方もインターネット契約の手続きは面倒だと思っていませんか?面倒だと思っても今やインターネットは電気・水道・ガスなどの公共料金と並ぶ生活に欠かすことのできない存在になっている方も多いでしょう。インターネットを新規で契約する場合、回線を引く為に工事を行うのがほとんどです。この工事が面倒でモバイルデータ通信を検討する人も多いです。そんな一人暮らしでインターネットを契約する方の為にこれから紹介する注意点3つを抑えておけば効率的にお手続きを進めることができるでしょう。

建物状況によって変わる料金

建物状況によって変わるというのはどういうことでしょう。それはアパート・マンションなどの集合住宅は契約が見込める数によって月額利用料が変わるということです。フレッツ光では契約が見込める部屋数によって3つの料金プランに分かれます。3つの料金プランとは一番高いプラン(プラン2)は「16契約以上見込める部屋数」・二番目のプラン(プラン1)は「8契約以上見込める部屋数」・一番安いプラン(ミニ)は東日本エリアなら「4契約以上見込める部屋数」・西日本エリアなら「6契約以上見込める部屋数」です。契約の見込める部屋数が多い程料金は安くなり、逆に少ない程料金は高くなります。一番高いプランと一番安いプランでは年間で約12,000円もの差があります。

つまり、月額利用料を最も安くするにはインターネット契約が16契約以上見込めるアパート、もしくはマンションを選ぶ方法が一番お得です。

ちなみに、光回線とADSL回線のどちらを引くかによって料金が変わりますがこちらも建物状況によって変わってきます。しかし、ほとんどの建物で光回線が主流となりますのでこちらは気にしなくてもいいです。

以下が各プランごとの利用料です。東日本エリアと西日本エリアでは同じプランでも金額が異なりますので注意が必要です。

マンションタイプ月額料金
プラン2(16契約以上) ・東日本:2,950円
・西日本:1,930円
プラン1(8契約以上) ・東日本:3,350円
・西日本:2,330円
プランミニ
東:4契約以上
西:6契約以上
・東日本:3,950円
・西日本:2,820円
初期費用
(東西共通)
・契約料:800円
・工事費用:15,000円

※金額は税抜の金額です。

※月額利用料・工事費用はキャンペーン割引を適用した金額です。

料金やキャンペーン割引について詳しくは下記をご参照ください。
フレッツ光東日本の料金フレッツ光西日本の料金フレッツ光の初期費用

建物状況によって変わる回線

アパート・マンションの建物状況により回線の引き方には3つのタイプに分けることができます。詳細は不動産会社に聞くのが一番早いですが、不動産会社によって表現方法が違います。こちらで3タイプを把握しておけば、実際に不動産会社と話す時に理解しやすいので引っ越しの効率が良くなります。

【タイプ1】一般的なアパート・マンション

もっともオーソドックスなタイプです。各部屋に光回線を引いてないので引く必要があります。その為、光回線を引く為の工事をします。工事といっても重機を使った大掛かりな工事ではありません。業者の人が1~3人程来て小一時間程で終わります。万が一、ビス止めなどで壁に穴を空ける場合は、建物の管理会社に連絡する必要があります。ですが、ほとんどの場合インターネットを申し込んだ時の業者が全て手配してくれるので特に何かする必要はありません。注意点としては不動産会社に回線が引かれているか聞いた時に、「光回線は引かれている。」「インターネットが利用できる」との返答があるかもしれません。そのような返答があっても実は、電線から建物の共有スペースまで光回線が引かれているだけで各部屋まで引かれているわけではないのです。その為、すぐにインターネットが使えると思い、不動産会社のいうことを鵜呑みにすると一向にインターネットが使える状況にはなりませんのでご注意ください。

【タイプ2】独自回線を引くアパート・マンション

昨今、「インターネット完備物件」と掲載されるアパート・マンションが増えてきました。これは大家さんがアパート・マンションを建設する時に光回線を各部屋まであらかじめ開通させた建物のことです。既に光回線を引いているので特に工事は不要で提携先の業者にインターネットを申し込むだけで利用することができます。各部屋にLANコンセントが設置されているのでパソコンをそこに繋げるだけでOKです。3つのタイプのうち一番安く利用することができます。また、プロバイダとの契約は不要。しかも料金は3,000円以下の所がほとんど。違約金もありません。

【タイプ3】インターネット料金を家賃に含んだアパート・マンション

インターネットの料金が家賃に含まれる為、通常より家賃が高めに設定されています。インターネットを使わないからといって家賃が安くなることはないので、インターネットを使わない人は注意が必要です。前述した「【タイプ2】独自回線を引くアパート・マンション」と同様にLANコンセントが設置されている建物もあります。その為、「【タイプ2】独自回線を引くアパート・マンション」と思って住んだら高くついたということのないようにしっかりと確認することが大切です。

キャンペーンを重視するならココに注意

キャンペーンを重視するなら注意すべきことは3点あります。
その前にキャンペーンの種類についてご案内します。インターネットの新規契約キャンペーンには以下の2種類があります。

  • 月額利用料・初期費用などの料金割引
  • キャッシュバックまたは商品が貰えるキャンペーン特典

「月額利用料・初期費用などの料金割引」はNTTなどの回線業者が提供するキャンペーンです。このキャンペーンは特に回線業者から申し込まず代理店から申し込んでも適用されます。一方、「キャッシュバックまたは商品が貰えるキャンペーン特典」は代理店で適用されるキャンペーンです。代理店によってキャッシュバック額や商品は異なるのでよく吟味する必要があります。

そして、代理店から申し込んだ方が「料金割引」も「特典」も両方適用することができるので断然お得です。

そこで冒頭でご案内した「キャンペーンを重視するなら注意すべきことは3点」に気をつけて代理店の選び方をご紹介します。

【特典が良くても月額が高くなる代理店には注意!】

高額なキャッシュバックを掲げる代理店があります。高額なキャッシュバックを掲げる代理店のほとんどが有料オプションの加入を条件にしています。特に「最大〇〇万円」のように最大と表現するということは「オプションに加入してくれたらキャッシュバック額を高くしますよ~♪」と言っているようなものです。しかし、キャッシュバックを貰う為ならといってオプションに加入するのはやめましょう。どんなに小さい金額のオプションでも加入するべきではありません。何故なら一度契約したら最後、契約の見直しなんて乗り換えを検討する時くらいしかしません。どんなオプションに入ったのかもそのうち忘れてしまいます。気づいたらキャッシュバック額以上の支払いをしていたなんてこともありえます。さらに、オプションの解約は電話して解約の手続きをするのですが電話はなかなか繋がらず、オプションによって解約の窓口が違うので電話番号は一つだけではありません。非常に手間と時間がかかるので特典の良さに惑わされないようにしてください。

【危険なのはキャッシュバックの支給が遅い代理店】

通常、インターネットの開通工事が終わっていないのに特典を支給する代理店はありません。どの代理店も必ずインターネットの開通工事終了後に支給されます。パソコン、ゲーム機、テレビなどの商品系の特典は早い代理店であれば開通工事終了後、7~10日前後で支給されます。

一方、キャッシュバックはそんなに早くありません。早い代理店で2ヵ月後、遅い代理店では1年近く先です。そして、ほとんどの代理店が1年近く先に支給する方法をとっています。一人暮らしの人は急な引っ越しが発生することがあります。例えば急な転勤などがそれにあたります。通常よく使う方法として急な引っ越しの時はキャッシュバックを解約金にまわすということがよくあります。しかし、キャッシュバックの支給が遅いとその手法が使えません。さらに、引っ越しでバタバタしてキャッシュバックの申請手続きを忘れる可能性や、新たな引っ越し先でインターネットを別の代理店から新規で申し込んだ時に引っ越す前の代理店とごっちゃになって申請手続きの期間がすぎてしまうなんてことにもなりかねません。

【特典を貰う為には申請手続きが必要なのを忘れてはならない】

インターネットの契約をしただけで特典が貰えると勘違いされる方はとても多いです。そのまま待っていても特典を得ることはできません。何故なら申請手続きが必要だからです。しかし、この申請手続きが曲者なのです。申し込みされた方が申請手続きのし忘れを狙ってか申請の案内メールは申請時期の直前に届きます。申請時期の直前というのは大半は開通してから1年後です。さらに申請期限は案内メールが届いてから1ヵ月程度です。申請のメールは契約後に設定したメールに自分でアクセスして確認しなければならず、「申請期限が迫っています。」のような心優しいメールは一切送られてきません。わかりずらい件名の案内メールのみなので申請を見逃しがちになります。その為申請手続きが手軽にできるのも申し込み時の重要なポイントになります。

いかがでしょうか。引っ越しをする機会が少ない人ほど新居でインターネットの契約に戸惑うことが多いことでしょう。特典の良さに惑わされてはいけません。特典の良さの背景には有料オプション加入の有無や特典支給の時期など注意しなければならないことが隠れています。自分で良い代理店を探すのが一番ですが、そんな時間なんてないという方や探すのが面倒という方の為に優良な代理店を集めました。下記の「インターネット契約で損をしない代理店ランキングはこちらから」をクリックしていただくと代理店が表示されますのでご参考ください。

ページ
トップへ