インターネットMarubeni光のキャンペーン

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. Marubeni光のキャンペーン内容がものすごい

Marubeni光とは

大手商社丸紅からMarubeni光登場

Marubeni光は大手総合商社丸紅のグループ会社丸紅テレコムが提供するインターネットサービスです。大手総合商社だけに契約するのに安心感がありますね。また、ラプターならキャッシュバック5,000円が確実に入るので申し込みに最適です。

フレッツ光・Marubeni光料金比較

マンションタイプの料金比較

フレッツ光とMarubeni光の料金を比較する前にMarubeni光の料金についてご案内します。

- Marubeni光 フレッツ光
月額料金 3,830円※1 4,300円※2
初期工事費 19,000円 15,000円
事務手数料 820円 800円

※1 月額料金は4ねん割適用の金額です。

※2 フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※月額料金は回線利用料とプロバイダ利用料を含んだ金額です。

※建物の状況等によって実際の金額と異なる可能性がありますので詳細は代理店へお問い合わせください。

以上、Marubeni光マンションタイプとフレッツ光マンションタイプを表にして比較してみました。

月額料金はMarubeni光が安いですが、初期工事費はフレッツ光より高いのでパッと見ではどちらが安いのかわからないですね。

では、実際にどちらがお得になるのか調べてみましょう。

Marubeni光料金
1年目 54,968円
1~2年目 109,136円
フレッツ光料金
1年目 59,800円
1~2年目 116,200円

※フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※月額料金+初期工事費(分割)+事務手数料を含んだ金額です。

1年目の合計と1~2年目の合計を算出してMarubeni光とフレッツ光を比較しました。このように比較してみるとMarubeni光が安いことがわかりました。

1年目ならMarubeni光は4,832円安く、1~2年目なら7,064円安くなります。

さらに、Marubeni光は冒頭でお伝えしたように回線利用料無料キャンペーンがあります。マンションタイプなら最大3ヵ月最大8,700円割引です。

このキャンペーンを適用させると、1年目ならMarubeni光は13,532円安く、1~2年目なら15,764円安くなります。

Marubeni光は回線利用料無料キャンペーンを適用させなくてもフレッツ光よりお得なのに、キャンペーンを利用することでさらにお得になります。

ファミリータイプの料金比較

続いてはファミリータイプの料金を比較してみます。

- Marubeni光 フレッツ光
月額料金 5,180円※1 5,800円※2
初期工事費 19,000円 18,000円
事務手数料 820円 800円

※1 月額料金は4ねん割適用の金額です。

※2 フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※月額料金は回線利用料とプロバイダ利用料を含んだ金額です。

※建物の状況等によって実際の金額と異なる可能性がありますので詳細は代理店へお問い合わせください。

ファミリータイプはパッと見でもMarubeni光がフレッツ光より安くなりそうですね。

それでは、実際どれくらい安くなるのか実証してみましょう。

Marubeni光料金
1年目 71,168円
1~2年目 141,536円
フレッツ光料金
1年目 78,900円
1~2年目 154,500円

※フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※月額料金+初期工事費(分割)+事務手数料を含んだ金額です。

ご覧の通りファミリータイプを比較してみた結果、Marubeni光が安いことが実証されました。

1年目ならMarubeni光は7,732円安く、1~2年目なら12,964円安くなります。

さらに、Marubeni光は冒頭でお伝えしたように回線利用料無料キャンペーンがあります。ファミリータイプなら最大2ヵ月最大8,500円割引です。

このキャンペーンを適用させると、1年目ならMarubeni光は16,232円安く、1~2年目なら21,464円安くなります。

Marubeni光は回線利用料無料キャンペーンを適用させなくてもフレッツ光よりお得なのに、キャンペーンを利用することでさらにお得になります。

Marubeni光のデメリット

フレッツ光よりも確実に安くなるmarubeni光ですが1つデメリットがあります。それは4ねん割に加入することが条件であることです。

4ねん割とは4年間継続してMarubeni光を利用することで割引を受けられるサービスです。4年ごとに自動更新となり、更新月以外は違約金が発生します。

つまり、4年縛りなのでとにかく長い!引越しが多い人やMarubeni光に不満があって別の回線に契約したい人等は控えた方がいいかもしれません。

ちなみに違約金は、

  • 開通月及び翌月1日~12ヵ月目以内:36,000円
  • 13~24ヵ月目以内:24,000円
  • 25~36ヵ月目以内:12,000円
  • 37~48ヵ月目以内:9,500円
  • 50ヵ月以降:9,500円

このように長く利用するに従って金額は安くなりますがそれでも高いです。

プロバイダはMarubeniBB

Marubeni光の取扱いプロバイダはMarubeniBBです。

皆さん、聞いたことないプロバイダだと思います。それもそのはずMarubeniBBは丸紅テレコムが独自に開始したMarubeni光専用のプロバイダです。

MarubeniBBも4ねん割が適用できるのでプロバイダ料金もお得になります。

月額利用料(ファミリー・マンション共通)
通常料金 1,200円
割引き適用後 930円

まとめ

以上、Marubeni光についてまとめました。Marubeni光とフレッツ光を比較した結果、Marubeni光はかなり安いことがわかりました。

Marubeni光を契約するなら株式会社ラプターがおすすめです。キャンペーンは数種類から選べるので特典がとても充実しています。ラプターは安全に契約できるので一度ご覧になってみてください。

ページ
トップへ