ソフトバンクから大容量データ定額プランが登場!

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. ソフトバンクから大容量データ定額プランが登場!

ソフトバンクから大容量データ定額プランが登場!

ソフトバンク株式会社がスマホ向け料金プラン「スマ放題」「スマ放題ライト」のデータ定額プランについて新たに「ギガモンスター データ定額30GB」「ギガモンスター データ定額20GB」を開始しました。

この「ギガモンスター データ定額30GB」「ギガモンスター データ定額20GB」のデータ定額プランの開始に伴い、従来の「データ定額パック・大容量(10GB / 15GB / 20GB / 30GB)」と「データ定額パック・標準(8GB)」の新規申し込みは終了となります。

それでは、新たに開始された「ギガモンスター データ定額30GB」「ギガモンスター データ定額20GB」を含めたデータ定額プランについてご案内します。

「ソフトバンク」データ定額プランのご紹介

現在のデータ定額プランを一覧にまとめましたのでご覧ください。

データ定額プランデータ容量定額料金
ギガモンスター
データ定額30GB
30GB8,000円
ギガモンスター
データ定額20GB
20GB6,000円
データ定額5GB5GB5,000円
データ定額ミニ2GB2GB3,500円
データ定額ミニ1GB1GB2,900円

このように従来の「データ定額パック・大容量(10GB / 15GB / 20GB / 30GB)」と「データ定額パック・標準(8GB)」のデータ定額プランの申し込みはできなくなり、新たに「ギガモンスター データ定額30GB」「ギガモンスター データ定額20GB」が加わりました。

「データ定額5GB」と「ギガモンスター データ定額20GB」に注目してください。両者の金額の差は1,000円ですがデータ容量が15GBも差があります。考え方によってはプラス1,000円支払えば、動画もゲームもデータ容量を気にせず使うことができるのでお得だと思います。

ソフトバンクのデータ定額プラン

しかし、「ギガモンスター データ定額30GB」は料金が高く、かなりのヘビーユーザーでないと損をしてしまうのであまりオススメはできません。

大容量データ定額プランのメリット・デメリット

まずは、大容量データ定額プラン「ギガモンスター データ定額30GB」「ギガモンスター データ定額20GB」のメリットをご案内します。

データの繰越が可能

従来のデータ定額は今月余ったデータを5GBまでなら翌月に繰り越せる状態でした。例えば15GB余っていても翌月に繰り越せるのは5GBまでです。

しかし、ギガモンスターが開始されてからは上限が無くなり余ったデータを丸々繰り越せるようになりました。例えば、15GB余っても15GBが翌月に繰り越すことができます。データ容量を無駄にしないように5GB以下まで無理矢理使わなくても良くなったのでいいですね。

また、ギガモンスターに限り直近3日間での通信速度制限が無くなりました。その為、データ容量の上限まで気にせず使うことができます。ただし、ギガモンスター以外のデータ定額プランは従来通り通信速度制限の対象です。


3大キャリアの中で1番お得

ドコモ・auでデータ定額20GBを利用する場合、定額料金は約16,000円ほどかかります。ソフトバンクの「ギガモンスター データ定額20GB」なら定額料金が6,000円で利用可能なのでドコモ・auより10,000円も安くなります。3大キャリアのデータ定額プランの中ではソフトバンクが最もお得といえます。


続いては「ギガモンスター データ定額30GB」「ギガモンスター データ定額20GB」のデメリットをご案内します。

テザリングが有料

データ定額プランでは無料で利用できた「テザリング」がギガモンスターでは有料となります。テザリングを使いたい場合、「テザリングオプション」に加入する必要があり、月額料金が1,000円かかります。

ソフトバンクは「テザリングオプション無料キャンペーン」を実施しており2017年4月までテザリングを無料で使うことができました。しかし、嬉しいことに「テザリングオプション無料キャンペーン」は2018年3月末まで延長されることとなりました。

※テザリングとはスマホの電波を利用してパソコンやタブレットをインターネットに繋ぐことができるサービスです。

おうち割光セットの割引額

ソフトバンクユーザーがSoftBank光やNURO光に契約すると「おうち割光セット」に申し込むことができテータ定額プランの料金から最大2,000円割引くことができます。ギガモンスターでも「おうち割光セット」を適用させることができます。

データ定額プラン2年間割引3年目以降割引
ギガモンスター
データ定額30GB
2,000円1,008円
ギガモンスター
データ定額20GB
1,522円1,008円
データ定額5GB1,522円1,008円
データ定額ミニ2GB500円500円
データ定額ミニ1GB500円500円

以上が、「おうち割光セット」を適用した場合の割引額となります。実は最大2,000円割引となるのは「ギガモンスター データ定額30GB」しかありません。「ギガモンスター データ定額30GB」を利用する人は限られているので、ほとんどの人が「ギガモンスター データ定額20GB」か「データ定額5GB」の1,522円の割引が適用されるかと思います。

まとめ

以上、ソフトバンクから新たに開始されたデータ定額プランについてご紹介しました。「データ定額5GB」を利用されているならプラス1,000円支払って「ギガモンスター データ定額20GB」にするのもアリだと思います。

ちなみに参考までにそれぞれのデータ通信量の目安を紹介します。

-動画の視聴音楽のダウンロード
ギガモンスター
データ定額30GB
約4時間30分/日約250曲/日
ギガモンスター
データ定額20GB
約3時間/日約167曲/日
データ定額5GB約45分/日約42曲/日

※ソフトバンク公式ホームページより

この表を見ると「ギガモンスター データ定額20GB」でも充分です。実は、私はスマホで動画を見たり、音楽を聴いたりしないので「データ定額5GB」で充分というのが本音です。

あるいは、「おうち割光セット」が適用できるなら1,522円割引されるので「データ定額5GB」の料金で「ギガモンスター データ定額20GB」が使えると考えればお得に感じます。

SoftBank光やNURO光に契約する時は「おうち割光セット」を適用させてインターネットもスマホもお得にすると良いですね。

ページ
トップへ