初期費用はインターネット契約をする際に必ず把握すべきこと

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. フレッツ光の初期費用

フレッツ光の初期費用

インターネットを新規契約する際に初期費用を忘れてはいけません。初期費用というのは新規でインターネット契約をした時に発生する契約料や工事費をまとめたものを指します。初期費用はNTT東日本とNTT西日本で違いますのでそれぞれご案内致します。

インターネット契約時に発生する総額については、NTT東日本エリアはフレッツ光東日本の料金でご説明しました。

NTT西日本エリアはフレッツ光西日本の料金でご説明しました。ここでは初期費用の説明だけですので、毎月の総額を知りたい方は記載したそれぞれの料金ページをご覧ください。

◆ NTT東日本の初期費用はこちら

◆ NTT西日本の初期費用はこちら

※金額については全て税抜での表示ですのでご注意ください。

【NTT東日本の初期費用】

●フレッツ光ネクスト

・プライオ10
・プライオ1
・ビジネスタイプ
・ギガファミリー・スマートタイプ
・ファミリー・ギガラインタイプ
・ファミリー・ハイスピードタイプ
・ファミリータイプ

●フレッツ光ライト

・ファミリータイプ

お客様宅内の配線設備を新設する場合
18,000円

お客様宅内の配線設備を再利用する場合
7,600円

●フレッツ光ネクスト

・ギガマンション・スマートタイプ
・マンション・ギガラインタイプ
・マンション・ハイスピードタイプ
・マンションタイプ(光配線方式・VDSL方式)

●フレッツ光ライト

・マンションタイプ

お客さま宅内の配線設備を新設する場合
またはVDSL機器工事がある場合
15,000円

お客さま宅内の配線設備を再利用する場合
7,600円

●フレッツ光ネクスト

・マンションタイプ(LAN配線方式)

7,600円

※1 上記の工事費は代表的な工事費です。ひかり電話等、オプションサービスをご利用になる場合など、工事の内容によっては別途工事費が発生する場合があります。また、年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。

※2 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円(税抜)がかかります。

※3 従来と同様、初期工事費と移転工事費は一括払いと分割払いからお選びいただけます(お支払い総額は同額です) 。 初期工事費の分割払いの場合、初回に3,000円(税抜)お支払いただき、残額を30回に分けて毎月お支払いいただきます。 移転工事費の分割払いの場合、工事費を30回に分けて毎月お支払いいただきます。なお、「移転申込時の移転工事費割引」が適用される場合、適用後の工事費を一括か分割でお支払いいただきます。

※4 お客さま宅内の配線設備等を再利用し、お客さまご自身で回線終端装置等を設置する場合の工事費は、従来と同様2,000円(税抜)となります(分割払いはできません)。

※5 学校向け特別料金プランを除きます。


【NTT西日本の初期費用】

NTT西日本の初期工事費

NTT西日本の初期工事費は今ならお得な割引キャンペーンを実施中です。詳細は以下をご参照ください。

【フレッツ光ネクスト】

・ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
・ファミリー・ハイスピードタイプ
・ファミリータイプ

18,000円

【フレッツ光ネクスト】
«ひかり配線方式»

・マンション・スーパーハイスピードタイプ隼
・マンション・ハイスピードタイプ
・マンションタイプ

【フレッツ光ネクスト】
«VDSL方式»

・マンションタイプ

15,000円

【フレッツ光ネクスト】
«LAN方式»

・マンションタイプ

【フレッツ光プレミアム】
«LAN方式»

・マンションタイプ

7,600円

初期工事費用に加え、別途、契約料800円が必要です。

ページ
トップへ