NURO光forマンションの契約が激ムズな理由

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. NURO光forマンションの契約が激ムズな理由

NURO光forマンションの契約が激ムズな理由

NURO光は関東・関西・東海エリアで契約できるインターネット回線です。

しかも、7階建て以下の建物対象です。

このように対応エリアが限定されることから通信速度が速く、料金も安いためとても人気があります。

先ほども言ったようにNURO光は7階建て以下の建物対象です。

ということは8階建て以上の建物ではNURO光に契約できないのでしょうか?

確かにNURO光のサービスを提供開始した時期は8階建て以上の建物ではNURO光に契約できませんでした。

しかし、今では8階建て以上の建物でもNURO光に契約することができます。

8階建て以上の建物でNURO光を契約する場合、サービスが変わります。

8階建て以上だと「NURO光forマンション」となります。

ちなみに、7階建て以下の建物は「NURO光G2Vプラン」です。

8階建て以上の建物でもNURO光に契約できるなら契約したいですよね。

しかし、「NURO光forマンション」は契約が激ムズなんです!

NURO光forマンションの契約が激ムズな理由は3つです。

  1. NURO光forマンションは同マンションで4人必要
  2. NURO光forマンションは料金が思ったほど安くならない
  3. NURO光forマンションは設備を導入する必要がある

NURO光forマンションの契約が激ムズな理由を詳しく見ていきましょう。

NURO光forマンションは同マンションで4人必要

NURO光forマンションは同じマンション内で契約者が最低4人必要です。

4人に満たないとNURO光forマンションに契約できません。

つまり、NURO光forマンションの契約者が4人集まるまで待たないといけません。

マンションに住む人のほとんどが既にインターネット回線に契約しています。

そんな状況でNURO光に新規契約してくれる人が滅多に現れないのが激ムズである理由です。

仮に4人集まってNURO光forマンションの利用を開始したとします。

その際、NURO光を1人が解約して3人が契約の状態になったらどうなるでしょう。

その場合、3ヵ月待って再び4人にならなければ自動解約となります。

つまり、常に4人契約の状態を保っておかなければならないのです。

しかも、NURO光forマンションの契約が3人以下となり自動解約となった場合、恐ろしいことが起こります。

自動解約という不本意であるにも関わらず料金が発生します。

NURO光forマンション自動解約時に発生する主な料金は以下をご覧ください。

  • 解約金9,500円
  • 宅内工事費40,000円の残り
  • マンション内設備導入工事費60,000円の残り

解約するつもりがないのに自動解約され、おまけに料金まで請求されるなんて恐ろしすぎます。

自動解約時に発生する料金を補足します。

■解約金9,500円

解約金は契約満了月ならかかりません。

しかし、自動解約は突然の解約なので解約金はかかると思っていた方がいいでしょう。


■宅内工事費40,000円の残り

宅内工事費は、あなたの部屋までインターネット回線を引く工事です。

宅内工事の残りがあれば一括で支払います。


■マンション内設備導入工事費60,000円の残り

マンション内設備導入工事はマンションにNURO光を導入するために行います。

マンション内設備導入工事の残りは、自動解約時に残った契約者数で分割します。

例えば、マンション内設備導入工事の残りが30,000円で3人契約していれば、1人当たり10,000円支払います。

もし、残ったのがあなただけなら30,000円をあなたが払うことになります。

こう考えるとNURO光forマンションはかなりのリスクがあります。

NURO光forマンションは料金が思ったほど安くならない

NURO光forマンションは契約者数が多いほど月額料金が安くなるシステムです。

月額料金を表にまとめました。

人数Hands-up会費基本料金月額料金合計
4人900円1,600円2,500円
5人900円1,600円2,500円
6人900円1,600円2,500円
7人800円1,600円2,400円
8人700円1,600円2,300円
9人600円1,600円2,200円
10人以上300円1,600円1,900円

Hands-upとは、マンションにNURO光を導入する際に設立される任意団体のことです。

Hands-upはNURO光の設備維持や管理、運営を担います。

NURO光forマンションに契約するとHands-up会員費を支払います。

料金表を見ると10人以上の契約が最安です。

しかし、現実的に考えて10人以上がNURO光forマンションに契約することは稀です。

だいたい4~6人が多いと思われます。

ということは4~6人の月額料金は2,500円です。

確かに、2,500円だったら安いです。

しかし、宅内工事費を忘れてはいけません。

宅内工事費は40,000円を36ヵ月間分割で支払います。

つまり、宅内工事費は1,111円×36ヵ月です。

このことから2,500円+1,111円なので3,611円が毎月支払う料金となります。

インターネット回線のマンション料金は3,800円が平均的なので、NURO光forマンションの月額料金はそこまで安くなりません。

NURO光forマンションは設備を導入する必要がある

NURO光forマンションに契約するにはマンションにNURO光の設備を導入する必要があります。

最初から設備が導入されているば良いですが、ほとんどのマンションではNURO光の設備が導入されていません。

NURO光の設備を導入するにはマンションの管理会社やオーナーを説得しなければいけません。

この時点で既に激ムズです。

そして、打ち合わせや現地調査を経てNURO光の設備導入工事を行います。

想像以上に大がかりな工事です。

しかも、NURO光の設備導入までかなり時間がかかります。

1ヵ月や2ヵ月ではなく、6ヵ月以上かかることを覚悟しておきましょう。

まとめ

以上、NURO光forマンションの契約が激ムズな理由を紹介しました。

もう一度おさらいしましょう。

  1. NURO光forマンションは同マンションで4人必要
  2. NURO光forマンションは料金が思ったほど安くならない
  3. NURO光forマンションはマンションに設備を導入する必要がある

まず、4人以上集まるまでに時間がかかります。

しかも、4人集まっても4人以上を保っておかなければなりません。

もし、自動解約となったら不本意ながらも多額の違約金を支払います。

それから、月額料金は思ったほど安くなりません。

さらに、マンションにNURO光の設備を導入する工事は大がかりなものとなり時間がかかります。

4人集めるのに時間がかかり、マンションの工事で時間がかかるので、本格的に利用できるのは6ヵ月以上、もしかすると1年以上かかるかもしれません。

こんなにNURO光forマンションの契約が激ムズなら8階建て以上の建物の人は別のインターネット回線に契約した方がいいでしょう。

ただ、これは「NURO光forマンション」の話です。

7階建て以下の建物で契約できる「NURO光G2Vプラン」は、NURO光forマンションと違いとてもオススメです。

NURO光代理店ランキングもありますので、そちらもご覧ください。

ページ
トップへ