SoftBank光とフレッツ光の料金を比較した結果

インターネットをする人形

インターネット契約徹底攻略

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報はグローバルサインによって保護されています。

  1. インターネット契約で損をしない5つのポイント
  2. SoftBank光とフレッツ光の料金を比較した結果

SoftBank光とは

SoftBank光の紹介

SoftBank光はソフトバンクBB株式会社が提供を開始したインターネットサービスです。SoftBank光はフレッツ光の回線を利用して、ソフトバンクが独自のサービスを展開します。

現在のSoftBank光はあんしん乗り換えキャンペーンを実施中です。他社から乗り換える際に発生する違約金や撤去工事を満額負担してくれます。

また、SoftBankのスマホをご利用ならSoftBank光とセットで利用することで安くなるおうち割光セットの利用が可能です。SoftBankのスマホをご利用なら是非オススメしたいインターネットです。

ここでは、SoftBank光とフレッツ光の料金を比較してどちらがお得になるかを比較検証しました。

SoftBank光の料金

SoftBank光の料金についてご案内します。ここでの料金を元にフレッツ光の料金と比較していきます。

SoftBank光月額料金
集合住宅 3,800円
戸建て 5,200円
工事費
転用の方(フレッツ光から乗り換えの方)※1 工事不要
新規契約の方※2 立会い工事あり※3 24,000円※4
立会い工事なし※5 2,000円※6

※1 「フレッツ光ネクスト」をご利用のお客様が該当します。

※2 新規契約のお客様以外に、「フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光をご利用のお客様」も該当します。

※3 戸建て、光ファイバー導入がないマンションにお住まいの人は立会いが必要です。

※4 屋外工事がなく、宅内工事のみの場合9,600円となります。

※5 光ファイバー導入済みのマンション等は立ち会いが不要です。

※6 お客様宅に伺うことはありません。

手数料
契約事務手数料 3,000円
サービス変更手数料 無料

SoftBank光・フレッツ光料金比較(新規の場合)

それでは、マンションタイプとファミリータイプについてSoftBank光とフレッツ光の料金を比較したのでご確認ください。

マンションタイプで料金比較(新規)

SoftBank光とフレッツ光のマンションタイプについて料金を比較します。

マンションタイプ月額料金
《SoftBank光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
3,800円
《フレッツ光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
4,300円※1

※1 フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※建物の状況等によって実際の金額と異なる可能性がありますので詳細は代理店へお問い合わせください。

以上、SoftBank光マンションタイプとフレッツ光マンションタイプを表にして比較してみました。

比較した結果、SoftBank光は500円安いことがわかります。

では、実際に利用した場合、どれくらいSoftBank光とフレッツ光では金額に差があるのか見ていきましょう。

SoftBank光料金
1年目 60,600円
1~2年目 118,200円
フレッツ光料金
1年目 59,800円
1~2年目 116,200円

※フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

初期工事費と契約事務手数料を含めた1年目~2年目の合計をSoftBank光とフレッツ光で比較しました。新規でマンションタイプに申し込むとフレッツ光の方が安いことがわかりました。

月額料金だけならSoftBank光がフレッツ光より安いのに合計金額にするとSoftBank光が高くなるなんて不思議ですね。

これは、SoftBank光の工事費がフレッツ光より高いからだと考えられます。SoftBank光の工事費は24,000円、フレッツ光の工事費は15,000円です。しかし、お住まいの状況によってはSoftBank光は2,000円や9,600円で工事が可能なので、その場合はフレッツ光より安くなります。

1年目ならSoftBank光はフレッツ光より800円高く、1~2年目なら2,000円高くなります。

※SoftBank光の場合、お住まいの状況により工事費が異なる為、実際に利用開始した時の金額と異なる場合があります。今回はSoftBank光の工事費を24,000円で算出しております。また、フレッツ光に関してもお住まいの状況やプロバイダによって料金が異なります。ご利用状況によっては新規でのご契約でもSoftBank光がフレッツ光より安くなることは充分にありえます。SoftBank光を契約する際のおおよその目安としてご参考ください。

ファミリータイプで料金比較(新規)

続いてはファミリータイプの料金を比較してみます。

ファミリータイプ月額料金
《SoftBank光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
5,200円
《フレッツ光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
5,800円※1

※1 フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※建物の状況等によって実際の金額と異なる可能性がありますので詳細は代理店へお問い合わせください。

ファミリータイプの月額料金はフレッツ光よりSoftBank光が600円安くなります

ファミリータイプでもSoftBank光が高くなるでしょうか?比較してみます。

SoftBank光料金
1年目 77,400円
1~2年目 151,800円
フレッツ光料金
1年目 78,900円
1~2年目 154,500円

※フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

ファミリータイプでは、SoftBank光が安いことがわかります。

1年目ならSoftBank光は1,500円安く、1~2年目なら2,700円安くなります。

SoftBank光とフレッツ光の料金を比較した結果(新規)

SoftBank光とフレッツ光の料金をマンションタイプとファミリータイプそれぞれ比較しました。

その結果、新規で契約する場合、マンションタイプは料金がフレッツ光より高くなり損をする可能性があります

一方、ファミリータイプは新規契約だとフレッツ光よりSoftBank光が安くなります

新規契約のマンションタイプは、SoftBank光が高くなるとの結果に私は1つ重大なことを忘れていました。

それは、SoftBank光に契約するほとんどの人はSoftBankユーザーであるということです。SoftBankユーザーであれば「おうち割光セット」に申し込むことができます。

おうち割光セットはSoftBankのスマホを利用しているなら家族一人につきスマホの月額料金から毎月最大2,000円割引かれるサービスです。これを利用すれば圧倒的にSoftBank光がフレッツ光より安くなります。

SoftBank光・フレッツ光料金比較(転用の場合)

続きまして転用(フレッツ光から乗り換えること)の場合の料金でSoftBank光とフレッツ光を比較します。

転用については基本的に工事費がかかりません。工事費のかからない理由はSoftBank光はフレッツ光の光回線をそのまま利用するので工事をする必要がないからです。その為、工事費がかからない分SoftBank光はフレッツ光より明らかに安くなります。

マンションタイプで料金比較(転用)

マンションタイプ月額料金
《SoftBank光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
3,800円
《フレッツ光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
4,300円※1

※1 フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※建物の状況等によって実際の金額と異なる可能性がありますので詳細は代理店へお問い合わせください。

SoftBank光料金
1年目 48,600円
1~2年目 94,200円
フレッツ光料金
1年目 59,800円
1~2年目 116,200円

※フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

転用でSoftBank光に契約した場合は1年目だと11,200円SoftBank光が安くなります。1~2年目では22,000円安くなります。新規と比較して格段に安くなりました。

ファミリータイプで料金比較(転用)

ファミリータイプ月額料金
《SoftBank光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
5,200円
《フレッツ光》
月額料金
(回線料+プロバイダ)
5,800円※1

※1 フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

※建物の状況等によって実際の金額と異なる可能性がありますので詳細は代理店へお問い合わせください。

SoftBank光料金
1年目 65,400円
1~2年目 127,800円
フレッツ光料金
1年目 78,900円
1~2年目 154,500円

※フレッツ光は東日本の方でプロバイダはヤフーを指定した場合をモデルにしています。

ファミリータイプの転用では1年目は13,500円SoftBank光が安く、1~2年目では26,700円SoftBank光が安い結果となりました。

SoftBank光とフレッツ光の料金を比較した結果(転用)

転用では、マンションタイプ・ファミリータイプ共にフレッツ光より料金は安くなります。これは、転用の場合は工事費がかからないことが非常に大きいです。

ただし、フレッツでもADSLタイプをご利用の人は光回線ではないので工事費がかかります。その場合は転用ではなく、新規で契約した方がキャッシュバックが多く貰えるのでお得です。

また、「おうち割光セット」を併用すれば新規より安くなること間違いなしです。

まとめ

以上、SoftBank光とフレッツ光の料金について比較しました。

比較した結果をまとめます。

  • 新規マンションタイプではSoftBank光が高くなる可能性がある
  • 新規ファミリータイプではSoftBank光が安い
  • 転用ではマンション・ファミリー共に安い

以上のことが比較結果となります。

ただし、SoftBankユーザーにとっては「おうち割光セット」に申し込むことで確実にフレッツ光より安くなります。もちろん、新規マンションタイプでも「おうち割光セット」があれば安くなります。

私がオススメするSoftBank光代理店NEXTではオプション加入もなく、キャッシュバック手続きが簡単でSoftBank光を契約しやすい代理店です。SoftBank光をご検討されているようでしたら株式会社NEXTのWEBサイトを確認してみてはいかがでしょう。

ページ
トップへ